本文へスキップ

TEL. 03-3541-3618

〒104-0045 東京都中央区築地3-11-2
(第2ビル)

Q&APRIVACY POLICY

学生のみなさんからいただいた質問です。

 アサノ博士とアミちゃんとテンくん

Q.「製版」とはなんですか?

印刷工程の作業の中のひとつです。

たとえば、みなさんは小学校の時に木彫りの版画を作ったことはありますか?
木の板に絵を描いて彫刻刀で彫った経験のある方も多いと思いますが、版画はインクの転写によって複数枚の絵画を製作することができますよね。
原理はこれと同じで、印刷するための元となる「版」をつくるのが製版です。

具体的には版下(はんした)などを撮影してフィルムを作り下版(げはん)に備えます。下版とは活字をすべて組み終えて、校正とそれにともなう差し換えを終了し、次の作業にまわすこと言います。下版すると印刷するための「印面」である刷版(さっぱん)を作ることになるので、製版が事実上修正のきく最後の工程でした

現在はデジタルデータ化しているためこのフィルム製版工程は行われていませんが、世の中に出回っている広告の最終行程を担っていることは今も変わっていません。


Q.広告業界の中での浅野製版所の位置づけを教えてください。

弊社の業務フロー及び業界内での立ち位置は下記の通りです。
どのフローも欠かすことの出来ない大切な業務です。各部署でしっかりコミュニケーションをとりながら会社全体が一丸となってひとつの物を作り上げています。




Q.社内にはどんな機械がありますか?

3Dプリンタや、大判インクジェット、UVインクジェットなどがあります。UVインクジェットはアクリルや金属、木材などにも印刷することができる特殊な機械です。


Q.制作職はどれくらいのスキル(photoshop、illustrator)が必要ですか?

新卒の方に関しては、スキルはPCのスキルは重視していません。もちろん触れるに越したことはありませんが、基本的にはわからないことでも一生懸命学んでいきたい!と思っている方であれば、研修で1からお教えしますので心配はいりません。もちろん学部学科も不問です。

尚、新卒で専門的にphotoshop、illustratorを学んでいた人は全体の30%ほどです。70%は未経験で入社しています。


Q.これまでにどんな案件を取り扱ってきましたか?

有名アパレル企業の雑誌広告・新聞広告、大手飲料メーカーの交通広告、テレビや映画ポスターなど、新聞、雑誌などをとした中心ナショナルクライアントと呼ばれる大手企業の案件を数多く行っています。


バナースペース

株式会社浅野製版所

〒104-0045
東京都中央区築地3-11-2
経営企画部 採用担当

TEL 03-3541-3618
FAX 03-3541-3635





(認定番号:協銀第21号)